合宿免許で運転免許を取りませんか?

学生の特権である、長いお休み。楽しみな予定がいろいろあるでしょうが、その中に運転免許を取ることも入れてみませんか?社会人になった先輩たちが「学生のうちにしておけばよかったこと」にも、免許の取得はよく挙げられています。

自動車教習所というと自宅から通うイメージがあるかもしれませんが、合宿免許という方法もあります。教習所やその周辺に宿泊しながら、交通法規などを学ぶ学科教習、実際に車に乗って動かす技能教習を2週間ほどで集中して行い、免許を取得するというものです。通いではなく泊まるので、必ずしも自宅の近くでなくてもいいのです。長めの旅行気分も味わいつつ、同じような仲間との出会いも楽しめて免許も取れる…長い休みの有効な使い方のひとつといえるでしょう。

合宿というと、宿泊も含めて費用が気になるかもしれませんが、自宅から教習所に通う場合でも、免許取得までには30万円前後はかかると言われています。合宿免許の場合、始める時期によってはそれとあまり変わらない費用のプランもありますし、何より集中して教習が受けられるのは大きな利点です。

では、実際に合宿免許を考える場合、教習先はどのようにして決めればいいのでしょうか。合宿環境に求めるものは人それぞれかもしれませんが、ここでは「食事がおいしい」という点に注目して選ぶことをお勧めします。食事は合宿中の2週間、教習が休みの日にも毎日続くことですし、自宅からの通学と比べても教習が集中する合宿免許の場合、体調管理はとても重要になってきます。合宿を乗り切るうえでも、食事はとても大切です。