食事に力を入れる教習所

ひとくちに合宿免許といっても宿泊の形態はさまざまで、教習所に宿泊施設が併設されているところもあれば、提携しているホテルなどに泊まる場合もあり、好みに応じて選ぶことができます。ここでは主に、教習所内に滞在する場合の食事について考えてみましょう。

ところで「合宿所の食事」というと、どのようなイメージがありますか?選択肢が少なかったり、似たようなものが続いたりして飽きる、などと思っていませんか?実は、合宿免許のプランを持つ教習所には、食事に力を入れているところもたくさんあるのです。1日3食、バイキングで好きなものを選べたり、焼きたてのパンが出されたりする教習所もありますし、学校の菜園で採れた野菜が使われたり、日によってはケーキバイキングが実施されたりする場合もあります。同じ場所での食事を飽きさせないさまざまな工夫がされていて、旅行でもなかなか味わえない、贅沢な時間を過ごすことができるのです。

もちろん、合宿の本来の目的は「免許を取ること」ですが、実際に公道で運転を行うための教習ですから、法律など覚えるべきことも多いし、技能教習では時に教官に厳しく指導されることもあるでしょう。初めての運転体験で、心身ともに緊張する時間も多い毎日の中で、食事は貴重な息抜きの時間であり、大きな楽しみにもなります。