地元の味も楽しめる

食事に力を入れている教習所では、教習生のさまざまなニーズに応えるメニューを用意していますが、もちろんその土地ならではの味覚も味わうことができます。バイキングに取り入れられている場合もあれば、日を決めて特別メニューとして提供されることもあります。

例えば、岩手県のとある教習所では、月に2回ジンギスカン鍋が振る舞われているそうです。また、山形県では芋煮会を催す教習所も多いようです。香川県のとある教習所では、本場ならではのさぬきうどんが味わえます。こういった教習期間中の食事に加え、例えば修了検定に合格したら地元のグルメスポットに招待、というような特別なサービスを企画する教習所もあります。

毎日の食事がバイキングで、自分の好きなものを選んで食べられるとしても、やはり地元ならではの味覚に触れられるのは合宿免許ならではの楽しみですよね。地元のグルメに興味が出たら、休日に、教習所外に出かけて食べ比べてみるのもいいかもしれません。

車の運転がとにかく楽しみで、合宿で少しでも早く免許を取りたい!という人も、ちょっと自信はないけれどせっかくだから学生のうちに免許を、という人も、おいしい食事はきっと合宿免許の毎日を楽しく充実したものにしてくれます。自分の好みに合った食事ができる教習プランを、ぜひ探してみてください。

食事に力を入れる教習所

ひとくちに合宿免許といっても宿泊の形態はさまざまで、教習所に宿泊施設が併設されているところもあれば、提携しているホテルなどに泊まる場合もあり、好みに応じて選ぶことができます。ここでは主に、教習所内に滞在する場合の食事について考えてみましょう。

ところで「合宿所の食事」というと、どのようなイメージがありますか?選択肢が少なかったり、似たようなものが続いたりして飽きる、などと思っていませんか?実は、合宿免許のプランを持つ教習所には、食事に力を入れているところもたくさんあるのです。1日3食、バイキングで好きなものを選べたり、焼きたてのパンが出されたりする教習所もありますし、学校の菜園で採れた野菜が使われたり、日によってはケーキバイキングが実施されたりする場合もあります。同じ場所での食事を飽きさせないさまざまな工夫がされていて、旅行でもなかなか味わえない、贅沢な時間を過ごすことができるのです。

もちろん、合宿の本来の目的は「免許を取ること」ですが、実際に公道で運転を行うための教習ですから、法律など覚えるべきことも多いし、技能教習では時に教官に厳しく指導されることもあるでしょう。初めての運転体験で、心身ともに緊張する時間も多い毎日の中で、食事は貴重な息抜きの時間であり、大きな楽しみにもなります。

合宿免許で運転免許を取りませんか?

学生の特権である、長いお休み。楽しみな予定がいろいろあるでしょうが、その中に運転免許を取ることも入れてみませんか?社会人になった先輩たちが「学生のうちにしておけばよかったこと」にも、免許の取得はよく挙げられています。

自動車教習所というと自宅から通うイメージがあるかもしれませんが、合宿免許という方法もあります。教習所やその周辺に宿泊しながら、交通法規などを学ぶ学科教習、実際に車に乗って動かす技能教習を2週間ほどで集中して行い、免許を取得するというものです。通いではなく泊まるので、必ずしも自宅の近くでなくてもいいのです。長めの旅行気分も味わいつつ、同じような仲間との出会いも楽しめて免許も取れる…長い休みの有効な使い方のひとつといえるでしょう。

合宿というと、宿泊も含めて費用が気になるかもしれませんが、自宅から教習所に通う場合でも、免許取得までには30万円前後はかかると言われています。合宿免許の場合、始める時期によってはそれとあまり変わらない費用のプランもありますし、何より集中して教習が受けられるのは大きな利点です。

では、実際に合宿免許を考える場合、教習先はどのようにして決めればいいのでしょうか。合宿環境に求めるものは人それぞれかもしれませんが、ここでは「食事がおいしい」という点に注目して選ぶことをお勧めします。食事は合宿中の2週間、教習が休みの日にも毎日続くことですし、自宅からの通学と比べても教習が集中する合宿免許の場合、体調管理はとても重要になってきます。合宿を乗り切るうえでも、食事はとても大切です。